カーリースについて

  • TCM Support
  • フューエルサポート
リース部

阪神エリア
〒662-0972
西宮市今在家町3-10
TEL:(0798)37-3100

神戸エリア
〒650-0045
神戸市中央区港島2-2
TEL:(078)302-0900

明石エリア
〒651-2133
兵庫県神戸市西区枝吉1丁目204番1
TEL:(078)921-0100

姫路エリア
〒670-0915
姫路市高尾町577-3
TEL:(079)287-4107

カーリースとは

カーリースは時代が求める合理的な「自動車利用システム」です。

トヨタレンタリースは、アウトソーシングの発想です。必要なときに必要なだけ外部のシステムを利用する。いまや、企業経営の効率化には「アウトソーシング」の発想を欠かすことはできません。
カーリースはまさに、こうした時代のニーズのすべてに的確にお応えできる、あなたの会社のビジネスパートナー。クルマの購入時に必要なまとまった資金や、維持にかかる手間を省きながら、車の便利さだけを利用できる理想的なシステムです。


クルマから経営合理化を。トヨタレンタリース神戸がプランニングいたします。

OA機器などに代表される一般のリースでは、ほぽその資産価値を全額償却する前提でリース料が計算されています。カーリースの場合は、あらかじめ中古車予想価格にあたる「予定残存価格」を差し引いてからリース料を設定します。したがって、合理的なリース料の算定といえます。

リース料の計算方法

もう少し詳しく説明すると、右図のようになります。すべての費用から予定残存価格を差し引いた「リース総額」をリース月数で割ったものが月額のリース料になります。ご契約の車種・契約内容によって実際のリース料は異なります。

リース期間の設定

リース期間は、一般的に「3~4年」が主流となっています。なお、リースは契約途中で期間の変更や解約ができないことになっておりますので、お客様のご都合に合った期間をあらかじめご検討ください。


カーリースと購入したときの違い

  カーリースの場合 購入の場合
保険・税金 毎月のリース代に含まれています。 取得時に諸費用と毎年の税金・保険料を支払います。
経理面 リース料は経費として計上でき、固定資産は増加しません。 資産として計上し、毎年減価償却します。固定資産も増加します。
メンテナンス メンテナンス契約の場合はトヨタレンタリース神戸が行います。 お客様が行います。
車両所有権 トヨタレンタリース神戸にあります。 基本的にはお客様にあります。ローンの場合は販売店が留保しています。
車両の処分 トヨタレンタリース神戸にご返却いただくだけです。 処分の手続き・固定資産の抹消や売却損益の計上をお客様が行います。
お見積り・お問い合わせはこちら
PAGE TOP